2019年11月04日

門兆鴻邸

シュエケ邸と隣り合わせに建っていて設計者(A.N.ハンセル)も同一人物である。少し赤みがかった濃い茶色の縁取りに、ごく薄いピンク色の下見板張りの外壁がよく似合う。急勾配の屋根とハーフティンバーに似せた破風部の装飾が特徴の建物。現在も住宅として使用されている非公開建物である。
建築年:明治28(1895)年
所在地:兵庫県神戸市中央区山本通3-5

[ここに地図が表示されます]


DSCN4584.JPG

DSCN4585.JPG

DSCN4586.JPG



posted by かずぼん at 17:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする