2019年09月22日

旧安田邸

この安田邸は、アメリカの有名な建築家ウィリアム・メレル・ヴォ―リスの設計だそうです。花屋敷駅のすぐ横にあるお屋敷、旧安田邸です。1921年(大正10年)製。もと所有者の安田辰治郎さんが海外から帰国後、その印象をもとに 設計されたそうです。とてもモダンな建物。現在は宝塚市所有なのだそうですが、使われていないので痛んでいくのが早そうです。

住所:兵庫県宝塚市雲雀ケ丘1丁目2-26

DSCN6282.JPG

DSCN6285.JPG



posted by かずぼん at 11:06| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高碕記念館

大正12(1923)年に医学博士諏訪塋一の住居としてヴォーリオズが建築。後に東洋製罐を興した高碕達之助が住み、現在は記念館として庭園を一般公開している。木造3階建て腰折れ屋根のコロニアル様式が特徴。
入館料:無料
開館時間:水〜金曜の10:00〜16:00、月・火・土・日曜は休(開館の場合あり、要問い合わせ)
電話:072-740-3300(東洋食品研究所総務部)※館内の見学は要予約
住所:兵庫県宝塚市雲雀丘1丁目7-58

DSCN6293.JPG

DSCN6292.JPG

DSCN6294.JPG



posted by かずぼん at 11:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャラリーRERUN

阪急山本駅から東へ進む線路沿いにある建物。大正時代から昭和初期まで神戸銀行として使われていた建物をリノベーションし現在陶芸ギャラリー&陶芸工房として使われている。

住所:〒665-0883兵庫県宝塚市山本中1-10-21

DSCN6424.JPG

DSCN6429.JPG

DSCN6428.JPG

DSCN6430.JPG




posted by かずぼん at 11:00| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

ブログ再開します。

ブログ再開します。





ラベル:日記
posted by かずぼん at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

暫くブログの更新お休みします。

暫くブログの更新お休みします。






ラベル:日記
posted by かずぼん at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

今年は梅雨入りが遅かったね

今年は大阪では梅雨入りが遅かったね。





posted by かずぼん at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

ホタルの夕べ2019

屋上に広大な公園があり、緑豊かななんばパークスで恒例の「ホタルの夕べ」が開催されます。パークスガーデン5F「せせらぎの杜」の緑の中にホタルが放され、照明が落とされます。都会の真ん中で、幻想的なホタルの光を楽しめます。※整理券配布は1人につき1枚。年齢制限なし。
所在地:〒556-0011大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
開催期間:2019年6月1日〜2日20:00〜22:00※整理券配布は、8階円形劇場にて17:00より配布(各日先着順)※雨天時は中止となる場合があります。
交通アクセス:南海「なんば駅」からすぐ
料金:入場無料
問合せ先:なんばパークス06-6644-7100



posted by かずぼん at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

信濃橋

信濃橋は、西横堀川に架けられていた橋の一つである。西横堀川は、永瀬七郎右衛門によって開削されたと伝えられ、土佐堀川から道頓堀川にかけて大阪の中心部を南北に貫流する川で、その沿岸には種々の商家、なかでも材木商と瀬戸物商が軒をつらねていた。信濃橋は、古くは富田町橋(とみたまちばし)その後は問橋(といばし)と呼ばれ、元禄年間(1688〜1704)の記録に信濃の名がみられる(橋長13間1尺 約25.9m、幅員2間 約3.9m)。大正2年の市電の開通に伴い、三径間の単純鋼鈑桁の鉄橋に架け替えられた(橋長23.0m、幅員22.0m)。その後、阪神高速道路の建設が進められるなか、昭和39年から同46年にかけて西横堀川が埋め立てられ信濃橋はその姿を消した。

住所:大阪市中央区本町4丁目〜西区靭本町1丁目
アクセス:OsakaMetro四つ橋線本町駅28番出口およそ50m徒歩1分


DSCN6021.JPG

DSCN6025.JPG

DSCN6022.JPG

DSCN6024.JPG

DSCN6023.JPG



posted by かずぼん at 14:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

又一ビル(旧大谷仏教会館)

1933年(昭和8年)に竹内緑氏(竹内建築事務所)の設計で建設された大谷仏教会館(地上3階建て・RC造)の建て替えに際し、エントランス部分を復元し御堂筋に面する西側には外壁一部を切り取って保存することを試みた。凝った装飾の施された保存部分が、ガラス面で覆われた近代的な新ビルのアクセントとして活かされている。旧大谷仏教会館の外壁の一部を正面ファサードにとりこんだビル。アパレル系商社のエムファースト(又一洋行と伊藤衣料が2009年に合併)の本社ビルとして使用されている。 その保存方法が高く評価され第6回大阪都市景観建築賞奨励賞を受賞した。旧大谷仏教会館は昭和8年に南御堂難波別院が建設。美しい模様が刻まれたテラコッタの外壁が特徴的だった


建築データ
所在地・住所:大阪市中央区久太郎町3-5-13
設計・施工:竹中工務店
竣工:1985年5月
敷地面積:693.67u
建築面積:614.51u
延床面積:6,940.06u
規模:地下2階 地上11階
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造



DSCN6042.JPG

DSCN6044.JPG

DSCN6052.JPG

DSCN6047.JPG

DSCN6051.JPG

DSCN6045.JPG

DSCN6053.JPG

DSCN6066.JPG




posted by かずぼん at 16:13| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

梅田七夕2019

七夕の日の前後に、新梅田シティで涼を呼ぶ「梅田七夕」が開催されます。七夕まつりで有名な仙台から大小さまざまな「笹飾り」を取り寄せ、新梅田シティを豪華絢爛な七夕飾りで彩ります。梅田スカイビル地下1階の滝見小路食堂街には、色とりどりの小さな「吹き流し」が大量に飾り付けられ、昭和のレトロな空間が色彩豊かな装いに変わります。新梅田シティ全体が七夕一色に染まります。
所在地:〒531-0076大阪府大阪市北区大淀中1-1
開催期間:2019年6月1日〜8月8日
開催場所:新梅田シティ梅田スカイビル
交通アクセス:JR「大阪駅」中央北口から北西へ徒歩7分、または阪急「梅田駅」から徒歩9分、または阪神「梅田駅」から徒歩13分
主催:梅田七夕実行委員会
料金:入場無料
問合せ先:新梅田シティ総合インフォメーション06-6440-3899



posted by かずぼん at 11:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新梅田シティ・中自然の森に「蛍」、舞う。2019

都会の真ん中にありながら緑溢れる新梅田シティの「中自然の森」に、ホタルが放流されます。期間中、せせらぎ川や滝のある水辺で合計約2000匹のゲンジボタルが、やすらぎの光を放ちながら優雅に舞います。遊歩道を散歩しながら、幻想的な風景を楽しめます。
所在地:〒531-0076大阪府大阪市北区大淀中1-1
開催期間:2019年5月31日〜6月9日頃
開催場所:新梅田シティ中自然の森
交通アクセス:JR「大阪駅」中央北口から北西へ徒歩7分、または阪急「梅田駅」から徒歩9分、または阪神「梅田駅」から徒歩13分
主催:梅田スカイビル商店会
料金:入場無料
問合せ先:新梅田シティ総合インフォメーション06-6440-3899



posted by かずぼん at 11:20| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相楽園旧ハッサム住宅内部公開2019

相楽園の敷地内にあり、重要文化財に指定されている旧ハッサム住宅の内部が一般公開されます。日本庭園では、ツツジが例年4月下旬から5月上旬にかけて、サツキが5月下旬に見頃を迎えます。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2019年4月20日〜5月6日9:00〜16:30※期間中無休
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」〜南へ徒歩10分
主催:神戸市教育委員会文化財課
料金:入園料が必要/大人(15才以上)300円、小人(中小生)150円
問合せ先:神戸市立相楽園078-351-5155(代表)



posted by かずぼん at 11:19| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ALOHA SUMMER FESTIVAL in Osaka 2019

新梅田シティのワンダースクエアで、野外のハワイアンイベントが開催されます。毎年、各地からハワイ好きが集まり、情報交換やフラ&ミュージックが行われるほか、全国からフラショップが多数出店します。飲食コーナーやワークショップもあり、関西でハワイを満喫できる3日間となっています。
所在地:〒531-6039大阪府大阪市北区大淀中1-1(梅田スカイビル39階、40階、屋上)
開催期間:2019年5月24日〜26日  10:00〜21:00(初日/16:00〜)※雨天決行
開催場所:新梅田シティワンダースクエア
交通アクセス:JR「大阪駅」中央北口から北西へ徒歩7分、または阪急「梅田駅」から徒歩9分、または阪神「梅田駅」から徒歩13分
主催:ALOHA SUMMER FESTIVAL in Osaka実行委員会
料金:入場無料
問合せ先:ALOHA・SUMMER・FESTIVAL・in・Osaka事務局06-6453-4441



posted by かずぼん at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

最近は撮影に行ってません。

最近は撮影に行ってません。今月(というより今年に入ってから)は全く撮影で来ていません。実質的にこのブログも開店閉業状態ですね。




ラベル:日記
posted by かずぼん at 14:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

通天閣節分福豆まき2019

“大阪府・市民の繁栄と幸福”を祈願する、通天閣恒例の「節分福豆まき」が開催されます。毎年、各方面で活躍する人を招き、1階広場でおよそ5000袋(重さ約100kg)の福豆がまかれます。
所在地:〒556-0002大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
開催期間:2019年2月1日10:00頃〜(予定)
開催場所:通天閣(1階広場)
交通アクセス:地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3番出口から徒歩3分、またはJR大阪環状線「新今宮駅」通天閣口(東口)から北東へ徒歩7分
主催:通天閣
料金:参加無料※展望台へは別途入場料が必要
問合せ先:通天閣06-6641-9555



posted by かずぼん at 11:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。



ラベル:日記
posted by かずぼん at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

島谷家住宅

本田4丁目には戦災を逃れた長屋の街並みが残っている。その一角にある長屋住宅では、1階に格子の玄関や出格子の窓が見られ、1階屋根と2階屋根の間にうだつが上がっている。
※うだつ…日本家屋の屋根に取り付けられる防火壁、装飾。

所在地:大阪府大阪市西区本田4丁目9番3号



DSCN5067.JPG

DSCN5066.JPG




posted by かずぼん at 17:58| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧猪飼野村にある旧家・大東邸

旧家「大東邸」は、土蔵の外壁材は古い船板を使っており、300坪以上ある屋敷内には広大な庭園や古い石枠の井戸が現存し、母屋の中(昔の土間)にある井戸は現在も散水用などに使用しているという。昔の面影を残す旧家の大きいものがこれまでに多く解体され、旧猪飼野村(現在の鶴橋)では現存するものは珍しい。土蔵の外壁板に古い船板を使用するなど猪飼野村の旧家の風情を良く伝えている。沿道沿いの板塀が伝統的な雰囲気を形成しており、歴史的・文化的価値は高い。

所在地:大阪府大阪市生野区桃谷3丁目19番2号









posted by かずぼん at 17:54| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zepp Namba(OSAKA)

Zepp Namba(OSAKA)は、主に音楽ライブ・イベントを開催しているライブハウスで、平成10年(1998年)に住之江区に開業した「Zepp Osaka」を平成24年(2012年)に浪速区に移転し「Zeep Namba(OSAKA)」となる。収容人数はスタンディング時が2,513人で、ステージと客席の距離が近く、アーティストとの一体感が楽しめるライブハウスである。
構造:鉄骨造、階数:地上2階
建築面積:2,340u、延床面積:3,446u

所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目1番39号




DSCN4963.JPG

DSCN4962.JPG




posted by かずぼん at 17:52| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源ヶ橋温泉浴場

アーケードを抜けて路地の先にあるお風呂屋さん。玄関の上には2体(トーチを持つ手が左右対称)の自由の女神像、屋根の上には鯱、丸窓のステンドグラスに3種類のタイルと2種類の瓦。ふと足元を見ると橋の欄干らしきものが左右にあり「源ヶ橋・げんがばし」と彫ってある。まさに異次元の世界。設計建築共に不詳。建築時期は1935(昭和10)年頃らしい。登録有形文化財に指定されている。浴場の設備としては深・浅の主浴槽の他、電気風呂、オパール原石風呂、スチームサウナ、水風呂、ジェット付きの座湯がある。開業当初は建物の2階部分にダンスホールやビリヤード場があった。
○施設情報
・営業時間
15:00-25:00
定休日:月曜

○料金
大人:410円(中学生以上)
中人:130円(小学生)
小人: 60円(乳幼児)
※2014年3月現在の大阪府における普通公衆浴場料金

所在地:大阪府大阪市生野区林寺1-5-33

交通
JR大阪環状線「寺田町駅」より徒歩約10分?15分
近鉄南大阪線「河堀口駅」より徒歩約15分
JR関西本線「東部市場前駅」より徒歩約20分




DSCN4873.JPG

DSCN4868.JPG

DSCN4872.JPG

DSCN4871.JPG

DSCN4870.JPG

DSCN4869.JPG





posted by かずぼん at 17:44| 建築物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする